<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

フェルト化実験

何年もタンスにしまっていた古いアランセーターを
なにかに再生できないか…ちょっと考えて
フェルト化実験をしました。

60~70℃くらいのお湯を用意して
洗剤をキャップ一杯分くらい溶かします。
(※洗剤は柔軟剤の入っていないものを使います)
熱いので手には軍手とゴム手袋を重ねて保護します。
セーターを浸して強めの押し洗いをします。
すすいで脱水機にかける作業を4,5回繰り返します。

ウール素材で細番手のニットならフェルト状になるそうです
…が、ざっくりセーターだったためか、身幅2,3cmの縮小にとどまりました。

a0062324_22312689.jpgお弁当袋に変身させました。
赤いギンガムチェックとリバーシブルです。
保温の効果はいかに?
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-31 22:35 |

豆を煮る時間

a0062324_2215464.jpg今日は英検を受験しました。
終わってほっとしたので豆を煮ました。

金時豆はマメ科のなかでも
「インゲン属のいんげん豆の金時豆」
と分類されています。

主な成分の糖質とたんぱく質のほかに
鉄、カリウム、ビタミンB1や食物繊維も豊富に含んでいるそうです。

出掛ける前にお湯に浸して鍋ごとタオルでくるんでおいたら
帰宅した頃には豆がふっくら水を含んでいました。
浸した水のまま煮立てたらアク抜きのため一度水を取り替えます。
再度弱火にかけてしばらく煮立てます。
私流ではここで火から下ろし鍋ごとタオルで包みます。
あとは余熱がゆっくりと豆を柔らかくしてくれるのです。
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-29 22:35 |

続・フライパン

a0062324_2311831.jpg一次発酵が済んだら
手のひらでパンパン叩いて(←シャレではなく)ガス抜きをします。
今日は4等分に切り分けた生地に
チーズとマーマレードをいれました。


a0062324_23143358.jpgフライパンに並べて蓋をし二次発酵させます。
30~40分、常温で寝かせます。
発酵が進んで膨らんだら
蓋をしたままできるだけ弱火で15~20分焼きます。
裏返しにして更に5~10分焼きます。


a0062324_23155073.jpgもちもちっと弾力のあるパンができました。
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-28 23:24 |

フライパン

a0062324_11483899.jpg作業の合間にパンを仕込んでいます。
フライパンで焼ける簡単なパンです。

まずは
強力粉150g、ドライイースト小匙1/2、砂糖大匙1、塩小匙1
をボウルにいれて混ぜ
水かぬるま湯80ccを2回位に分けて加えながら混ぜます。
今日は水の代わりに牛乳を同量入れました。
次にバター10gを加えて手で練りこんでいきます。


a0062324_11534723.jpgまとまってきたら台の上にだして体重をかけてよく捏ねます。
生地がもちもちっとしてきたら丸めて一次発酵へ。
ビニール袋などで包んで
冬の寒い時期は40~50分寝かせます。

よく膨らんでくれるよう祈ります。
続きはのちほど…
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-28 11:59 |

革のはなし

a0062324_18193626.jpgものをつくるときに
技術はもちろん、素材の勉強も奥が深くて終わりがありません。

動物の皮は柔軟性があって丈夫なため
利用価値の大きい天然素材です。
ただし加工しないと腐りやすく、乾燥すれば固くなってしまうため
それを防ぐ方法が考えられました。
この加工方法を「なめし」といいます。

なめしには大きく分けて二種類あります。
一つは、植物に含まれるタンニンを溶かした液を使う「タンニンなめし」
もう一つは、塩基性硫酸クロム塩という化合物を溶かした液を使う「クロムなめし」です。
動物の種類やなめし剤の種類によって革の風合いが異なります。



a0062324_18333046.jpg携帯電話ホルダーを改良しました。
素材はタンニンなめしの革です。
自然な茶褐色は使うほど深みを増していきます。
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-26 18:42 |

ソウルにて

a0062324_2303065.jpg
韓国のソウルを訪ねてきました。
かつての王宮のひとつ、
景福宮(キョンボッグン)で撮った写真です。
12万坪もあるという広大な敷地に
荘厳な建物がいくつも建てられていました。
隅々まで美しい色づかいでした。



a0062324_2372297.jpg
ソウル市庁前の広場は
旧正月までライトアップで飾られるらしく
寒さを忘れるほど綺麗でした。
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-24 23:11 |

つれづれ

a0062324_229638.jpg
雪の降りつもる寒い一日でした。
革包丁を研いで過ごし
旧友と再会して温まりました。
帰宅すると修理に出したカメラが届いていました。

明日から父とふたり小旅行です。
読みかけの本も道連れにします。
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-21 22:17 |

読書時間

a0062324_1713030.jpg
この頃ゆっくり本を読むゆとりを忘れていました。
気持ちが「あれも・これも」と欲張ってしまうのです。

文庫本カバーのデザインを
前のものよりシンプルにしました。
本を閉じるベルトをつけていましたが
今回はつけずに縫いました。
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-19 17:12 |

handles

a0062324_23292756.jpg
ヌメ革で鞄の持ち手を縫いました。
帆布や麻など、布バッグにも縫いつけられます。
約45センチで長めのため、肩にもかけられると思います。
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-18 23:38 |

再び

a0062324_21505883.jpg
昨日の携帯ケースを撮りました。
どちらもスナップで開閉できます。



a0062324_21512624.jpg
後ろ側にベルト通しを縫い付けています。

頭でデザインしても
実際に作ってみると改善したいところが
必ずというほどでてきます。
それがまた作る一歩になっています。
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-17 22:03 |