できるかな、紫雲膏石鹸

ともだちに託された「紫雲膏(しうんこう)」
アトピーや肌の弱い患者さんによく使われる貴重な軟膏だそう。
今日はこの軟膏をいれて肌にやさしい石鹸をつくることに。

a0062324_21561056.gif効きそうだけれど、香りはやさしくない、、
ともあれ湯煎にかけて液状にとかしてみました。
ほかの材料は、基本のマルセイユ石鹸と同じく
オリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイル、
苛性ソーダ ←注:劇物です!、精製水を使います。
a0062324_21564860.gifa0062324_2157551.gifa0062324_21572641.gif
(写真左)苛性ソーダを精製水に溶かします。
このとき強い臭気とともに100℃近くに発熱するので
必ず換気扇のもと、取扱いに要注意で作業します。
(写真中央)オイルはあわせて温めておきます。溶かした紫雲膏も加えました。
(写真右)苛性ソーダ溶液とオイルの温度差がなくなるように調整してから
ふたつをあわせて、まず15分やすまずにぐるぐる撹拌します。
あとは30分〜1時間おきくらいに混ぜる作業をくり返します。
すこしグリーンがかったクリーム色、どう変化してゆくかたのしみです。
[PR]
by hellofromnui | 2008-04-13 22:23 |
<< できるかな、紫雲膏石鹸のつづき グルグルじゃなくてグル >>