pesto genovese

a0062324_20354353.jpgベランダのバジルが元気に実ったので
ジェノヴァペーストをつくってみました。

今日つかった材料は
・バジル100枚くらい(30gありました)
・オリーブオイル150gぐらい
・パルミジャーノ40gぐらい
・松の実40gとにんにく1かけ。

アンチョビもいれると塩味と深みがでるのですが今回は見送り。
目方がだいたいなのは目見当でいれちゃったからです。


a0062324_20443793.jpga0062324_2045317.jpga0062324_2045213.jpg
(写真左)
松の実は塩味のついていないものをフライパンで煎っておきます。
ナッツ特有の香りとコクが加わり、ざらつきがあるのでパスタに絡みやすくなるそうです。
(写真中央)
バジルは一枚ずつ布巾で汚れをとります。
茎があると舌ざわりが良くないので葉だけを摘んでおきます。
(写真右)
パルミジャーノはおろし金でおろして、ほかの材料もすべてフードプロセッサーにいれてペースト状にします。

a0062324_2053037.jpga0062324_20531845.jpg
バジルは刻まれると酸化しやすく、空気や金属に触れると黒く変色するそうです。
すぐにつかわない分はガラス瓶に移します。このときペーストの上にオリーブオイルを張って空気を遮断します。
保存瓶の蓋が金属のときはラップを挟んで蓋すると良いようです。

おいしくできました!今日から数日ジェノベーゼ料理が続きそうです。
夏の疲れを感じる季節におすすめです。
[PR]
by hellofromnui | 2006-09-02 21:08 |
<< levain naturel ... 見上げる月はひとつ >>