豆を煮る時間

a0062324_2215464.jpg今日は英検を受験しました。
終わってほっとしたので豆を煮ました。

金時豆はマメ科のなかでも
「インゲン属のいんげん豆の金時豆」
と分類されています。

主な成分の糖質とたんぱく質のほかに
鉄、カリウム、ビタミンB1や食物繊維も豊富に含んでいるそうです。

出掛ける前にお湯に浸して鍋ごとタオルでくるんでおいたら
帰宅した頃には豆がふっくら水を含んでいました。
浸した水のまま煮立てたらアク抜きのため一度水を取り替えます。
再度弱火にかけてしばらく煮立てます。
私流ではここで火から下ろし鍋ごとタオルで包みます。
あとは余熱がゆっくりと豆を柔らかくしてくれるのです。
[PR]
by hellofromnui | 2006-01-29 22:35 |
<< フェルト化実験 続・フライパン >>